新旧バージョンの違い

TOP > 新旧バージョンの違い > コンテンツ作成【旧バージョン情報】
1.「サーバーサイドFLIPPER自動生成機能」を使う
2.別売のコンテンツ作成ソフトを使う
3.制作サービスに外注する

LOGOSWARE Libraに掲載するコンテンツを作成するには3つの方法があります。
1.「サーバーサイドFLIPPER生成機能」を使う
2.別売のコンテンツ作成ソフトを使う
3.制作サービスに外注する

お客さまの用途に合わせてお選びください。

1 「サーバーサイドFLIPPER生成機能」を使う

サーバーサイドFLIPPER生成機能(オプション)

「サーバーサイドFLIPPER生成機能」は、LOGOSWARE Libraお手軽スタートパックで選べるオプションです。この機能を付けると、ユーザーがPDFファイルをアップロードするだけで、Libraサーバー側でFLIPPERコンテンツ(デジタルブックコンテンツ)を自動生成させることができます。

この機能は、コンテンツ作成者、コンテンツ管理者、システム管理者のいずれかの権限を持つユーザー全員に提供されます。コンテンツの作成を複数人で行う部署・会社・団体での利用に適しています。


2別売のコンテンツ作成ソフトを使う

LOGOSWARE Libraには、デジタルブック型コンテンツとプレゼン型コンテンツの2種類のデジタルコンテンツが掲載でき、各々、別売りの作成ソフト「FLIPPER U」、「STORM Maker」で作成します。これらの作成ソフトは、Windowsパソコン上にデジタルコンテンツを作成します。作られたコンテンツデータをLibraにアップロードし掲載します。

  • デジタルブック作成ソフトFLIPPER

    PDFを読み込んで、高機能・高品質なデジタルブックを作成するソフト。多くの利用企業を持つ業界を代表するソフトで、その機能性と使いやすさに定評があります。

  • プレゼン型コンテンツ作成ソフトSTORM Maker

    PowerPointを読み込んで、学習教材や製品説明に使うプレゼン型コンテンツを簡単に作れるソフト。音声合成でナレーションも自動作成できます。


2つのコンテンツ作成ソフトとLibraをセットで
お得にご利用できます

Libraお手軽スタートパックには、上記2つの作成ソフト(FLIPPER U 、STORM Maker)を割引価格で付けられます。コンテンツ作成ソフト込みで初期費用0円・月額29,800円から気軽に利用できます。

LOGOSWARE Libraお手軽スタートパック

3制作サービスに外注する

制作作業そのものを外部委託されたいお客さまは、当社「デジタルブック制作サービス」「プレゼン動画制作サービス」をご利用ください。

D-FACTORYコンテンツ制作サービスは、原稿を送るだけで学習コンテンツが作れるサービスです

ページの上部に戻る

お探しの情報は見つかりましたか?
ご質問・ご要望は、 ロゴスウェアへお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせはこちら>>