新旧バージョンの違い

TOP > 新旧バージョンの違い > 製品情報【旧バージョン情報】
NEW

2016/5/31 Libra 1.3.0の出荷を開始しました

  • コンテンツ閲覧ログを確認できるようになりました
  • LDAP認証に対応しました

当社ロゴスウェアが、起業後、最初に手掛けた製品群は、デジタルコンテンツ作成ソフトでした。3種類のコンテンツ作成ソフトを作りました。それらは、デジタルブックを作成する「FLIPPER U」プレゼン型コンテンツを作成する「STORM Maker」、そして、クイズやアンケートを作成する「THiNQ Maker」です。

これらは、一つは、教育の分野のお客さまが、学習コンテンツを作成する用途に購入してくれました。もう一つは、マーケティング分野のお客さまが、商品情報を伝えるコンテンツ作成のために購入してくれました。

以来、ロゴスウェアは、教育とマーケティングの両市場において、デジタルコンテンツはどうあるべきなのか、どうしたらもっと使いやすく便利になるのかを考え続けてきました。

何年にも渡り、答えを求めて模索し、試行錯誤をすると、ぼんやりとしたものが徐々に形のあるものとなり、あるべき姿が見えてきました。それは、雑多に大量に点在するデジタルコンテンツに、①整理 ②検索 ③閲覧 ④共有 という視点から秩序をもたらそうというものです。これが、LOGOSWARE Libra開発の基本コンセプトとなりました。

このコンセプトは、今、教育分野における「インフォーマル・ラーニング」、マーケティング分野における「コンテンツ・マーケティング」という二つの重要トレンドと結び付き、新しい時代の価値をお客さまに提供しようとしています。

1操作性抜群の閲覧者画面

詳細は「機能詳細」をご覧ください


  • スマートフォン、タブレットにも対応

    パソコンのみならず、スマートフォン、タブレットでも利用可能。


  • 高速の全文横断検索

    LOGOSWARE Libraに搭載された検索機能は、他の同様システムを圧倒する高速性と緻密性を持っています。

2運営を楽にする管理者機能

詳細は「機能詳細」をご覧ください

  • 運営者の手間を軽減するきめ細かな機能を搭載

    版管理、公開期間管理、ウィジェット機能などが運営者用の手間を軽減します。

  • 画面のカスタマイズ

    HTMLコードを記述すると、画面デザインを運営者自身で変更出来ます。

3書き込み共有

詳細は「機能詳細」をご覧ください

  • 学び合いに

    学習用途に使う場合、強力な学び合い・教え合いの機能となります。

  • ソーシャル機能として

    マーケティング用途に使うなら、お客さま同士の、あるいは、お客さまと企業の間の新しいソーシャルメッセージ機能になります。

4お求めやすい価格

詳細は「価格」をご覧ください

  • クラウド(SaaS)型

    サーバー込みなので手間いらず。デジタルブック作成ソフトが付いたプランもあります。
    月額12,800円(50コンテンツ)から。

  • インストール(オンプレミス)型

    ご自身のサーバーにインストールして使用。柔軟な構築が可能です。
    一括8万円(50コンテンツ)から。

ページの上部に戻る

お探しの情報は見つかりましたか?
ご質問・ご要望は、 ロゴスウェアへお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせはこちら>>